おすすめ商品

ロピアオリジナルバランスブレンドは丸山珈琲がお得に飲める!コーヒー好きに

スポンサーリンク

ロピアのコーヒー売り場にずらりと並ぶ、ロピアオリジナルコーヒー。

ロピアといえばお肉のイメージが強いかもしれませんが、じつは、オリジナルコーヒーはロピアの隠れた名物です。

なんと、軽井沢の名店『丸山珈琲』が、ロピアオリジナルコーヒーを作っているんです!

今回紹介する商品
  • 商品名:ロピアオリジナルバランスブレンド(粉)
  • 価格:399円(税抜)/430円(税込)

丸山珈琲とは?

スポンサーリンク


ロピアのオリジナルコーヒーを製造する、丸山珈琲をご存知でしょうか?

コーヒー好きの私は、ロピアで丸山珈琲を見つけたとき感動しました!

丸山珈琲は1991年に軽井沢で創業し、地元の人をはじめ、多くのコーヒー好きが集まる名店です。

コンビニで、ペットボトルの無糖アイスコーヒーを見たことがある!という方もいるかもしれませんね。

最高品質であるスペシャルティコーヒーを広めた珈琲店としても有名で、『スペシャルティコーヒーの丸山珈琲』といわれています。

また、世界各国の産地から独自でコーヒー豆を買い付け、コーヒーの個性を活かした焙煎やブレンドをする、こだわりをもつ珈琲店です。

このこだわりの丸山珈琲が、ロピアのオリジナルコーヒーを作っているんです!

ロピアオリジナルコーヒーについて

ロピアで販売するオリジナルコーヒーは、5種類の味があり、それぞれ80gと300gの粉・豆、さらにドリップバッグタイプも取り揃えています。

<ロピアオリジナルコーヒーの種類>

商品名種類税抜価格
(税込価格)
1バランスブレンド80g粉399円
(430円)
80g豆399円
(430円)
300g粉1,199円
(1,294円)
300g豆1,199円
(1,294円)
ドリップバッグ 11g×5袋599円
(646円)
2マイルドブレンド80g粉399円
(430円)
80g豆399円
(430円)
300g粉1,199円
(1,294円)
300g豆1,199円
(1,294円)
ドリップバッグ 11g×5袋599円
(646円)
3爽やかブレンド80g粉399円
(430円)
80g豆399円
(430円)
300g粉1,199円
(1,294円)
300g豆1,199円
(1,294円)
ドリップバッグ 11g×5袋599円
(646円)
4深煎りビターブレンド80g粉399円
(430円)
80g豆399円
(430円)
300g粉1,199円
(1,294円)
300g豆1,199円
(1,294円)
ドリップバッグ 11g×5袋599円
(646円)
深煎りビタースイートブレンド80g粉399円
(430円)
80g豆399円
(430円)
300g粉1,199円
(1,294円)
300g豆1,199円
(1,294円)
ドリップバッグ 11g×5袋599円
(646円)

例えば、80gの商品は1杯約53.75円(税込)です。1袋で約8杯飲むことができます。
(1杯あたり10gの粉を使用)

<ロピアオリジナルコーヒーの1杯あたりの単価>

種類1杯あたり単価
(税込)
1袋で飲める杯数
80g豆・粉53.75円8杯
300g豆・粉43.13円30杯
ドリップバッグ129.2円5杯

※粉または豆の場合、1杯あたり10gのコーヒー使用で換算

スーパーで販売するレギュラーコーヒーは、安いものですと1杯10円ちょっとで飲めるものもあります。

ロピアのオリジナルコーヒーは高いのでは?

さきほどもお伝えしたとおり、丸山珈琲は高品質なコーヒー豆しか取り扱っていません。

コーヒー豆のランクに違いがあるから価格も違います。

では、丸山珈琲のオンラインストアで販売するブレンドコーヒーと比較してみます。

商品名内容量税込価格1杯あたり
丸山珈琲のブレンド100g710円約71円
ロピアの方が安く飲める!

そうなんです!

ロピアのオリジナルコーヒーなら、品質の良い丸山珈琲のコーヒーがお手頃な価格で飲めるんです♪

ロピアオリジナルコーヒーのこだわり

丸山珈琲が製造するロピアオリジナルコーヒーは、コーヒー豆だけでなく、パッケージにもこだわっているなぁと感じます。

こだわり① 光を通さない袋でジッパー付き

ロピアオリジナルコーヒーは、光を通さない丈夫な袋でジッパー付きです。

コーヒーは意外と繊細な食品で、太陽の光はもちろん、蛍光灯などの光でも当たってしまうと劣化してしまいます。

また、空気に触れると、酸化が進んで酸っぱいコーヒーになり、せっかくの美味しいコーヒーの味が半減してしまいます。

コーヒーの劣化を守っていますよ。

こだわり② コーヒーの美味しさを保つガス抜きバルブ付き

ロピアオリジナルコーヒーのパッケージには、2つの穴があいた丸いものがついています。

これを『ガス抜きバルブ(またはワンウェイバルブ)』といいます。

バルブの役割とは?

① 美味しさを保つ。

焙煎した直後のコーヒー豆からは、多くの二酸化炭素が発生します。

そのガスを袋に閉じ込めてしまうと、コーヒーが酸化してしまいます。

バルブは、袋の中で発生した炭酸ガスを外に排出する役割があります。

また、外からの空気を袋の中に入れるのを防いでくれます。

これにより、コーヒーの美味しさが保たれます。

② 袋の破裂を防ぐ。

焙煎したての新鮮なままのコーヒー豆をパックすると、多くの炭酸ガスが発生して袋がパンパンに膨れ上がってしまいます。

そこでバルブの登場です。

バルブが袋の中で発生した炭酸ガスを外に排出する役割をしています。

袋が破裂するのを防いでくれています。
コーヒー豆やパッケージにこだわりがあって、お得に買えるのがロピアオリジナルコーヒーですよ!

【実飲レビュー】ロピアオリジナルバランスブレンド

数あるロピアオリジナルコーヒーの中から、今回は『ロピアオリジナルバランスブレンド』を試してみたいと思います♪

商品名ロピアオリジナルバランスブレンド(粉)
品名レギュラーコーヒー(粉)
生豆生産国ブラジル、パプアニューギニア、他
挽き方中挽き
バランスブレンドなので、苦味や酸味のバランスが良いのかなと思っています。

開封したら、酸味を感じる香りがしました。

コーヒーの薄皮(チャフ)も少なく、きれいなコーヒーです。

薄茶色の粉(チャフ)が多いとえぐみが出るので、少ないのが良いですよ。

挽き方は中挽きですが、見た目は細かく感じます。

お湯を注ぐと漂う、コーヒーの香りがたまりませんね♪

苦味はほとんどなく、まろやかな酸味とコクがあります。

とても飲みやすいコーヒーです。

キリッとした酸味というより、やわらかさがある酸味なので、「酸味が苦手だけど、ちょっと試してみたいな」という方にもおすすめです。

また、苦味が苦手な方にもいいですね。

冷めたコーヒーの味も試してみましたよ。

冷めるとたいてい味に変化があるのですが、ロピアオリジナルバランスブレンドは温かいときと同じような味わいで、酸味が強くなることも苦味がでることもありませんでした。

冷めたときの味のバランスも抜群でした!

ロピアオリジナルバランスブレンドはこんな人におすすめ!

  • 酸味のあるコーヒーが好きな方
  • まろやかな味が好みの方
  • 苦味のあるコーヒーが苦手な方

ロピアオリジナルコーヒーの80gタイプは試しやすい量なので、いろんな味を試してみたい方におすすめです。

お気に入りの味が見つかったら300gタイプを購入すると、さらにお得に飲めますよ!

今回、ロピアオリジナルバランスブレンドを飲んでみて、味のバランスを星にしてみました。

あくまで個人の感想ですが、よかったら参考にしてみてください。
  • 苦味 
  • 酸味 
  • 甘味 
  • コク 
  • 香り 
今度、ほかの味も試してみたいと思います!
  • 味:
  • コスパ:
  • リピート度:

ロピアオリジナルバランスブレンド 値段・内容量

商品名ロピアオリジナルバランスブレンド(粉)
価格399円(税別)/430円(税込)
内容量80g
カロリー
消費期限購入日:2022/07/23 13:52
製造日:-
消費期限:2022/12/12
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
スポンサーリンク
関連記事

POSTED COMMENT

  1. susumu1246 より:

    こちらの記事をみて買ってみました。
    値段的によくできていると思いました。

    丸山珈琲の名前で売っていますが、
    品質的には購買層は自販機100円ドリップコーヒー、コンビニコーヒー、ドトールコーヒー、片岡物産のカートリッジコーヒーを購入する層(私)をターゲットとしていると思います。

    私はコロナ以降、近所の焙煎屋さんを助けるために購入していますが、
    豆単価は高いですが、品質はこちらよりは上です。

    今はスーパーのキーコーヒーの豆に急遽切り替えました。
    キーコーヒーは希望退職を募っているので、どうにか応援したいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。