おすすめ商品

ロピアのうな丼はビッグなうなぎに大満足!今年の土用の丑の日におすすめ

スポンサーリンク

今年の土用の丑の日を1週間後に控えた週末、ロピアに行ったら、うなぎモードになっていましたよ。

一足早く、本日のおすすめ品のうな丼を購入してびっくり!

はみ出そうなくらい、うなぎの蒲焼きが大きくて、肉厚です。

今年の土用の丑の日は、ロピアのうな丼で大満足ですね!

今回紹介する商品
  • 商品名:うな丼
  • 価格:799円(税抜)/862円(税込)

ロピア うな丼

スポンサーリンク

夏の風物詩といえば、何を思い浮かべますか?

私は断然うなぎ!!!

海、山などのレジャーやかき氷などの冷たい食べ物もいいんですが、陽炎が立つ、うだるような暑い日に、どこからか鰻の蒲焼きの香ばしい匂い・・・。

これこそ「夏!」って感じがするんです。(私だけでしょうか・・・。)

そんなわけで、今年も土用の丑の日がやってきますね♪

今年の夏は、7月23日(土)と8月4日(木)の2回あるそうですよ。

「2回も食べられてラッキー!」って思う反面、「うなぎって安い食べ物ではないし・・・」と、ちょっと気にするところもあります。

(一度にしておけば?という声は聞こえなかったことにします・・・笑)

だとしたら、「お手頃価格で満足するうなぎが食べたい!」って思いますよね!?

今回は、一足早くロピアのうな丼を買ってみましたよ♪

ロピアといえばメガ盛りですが、今回購入した店舗ではメガ盛りうな丼はありませんでした・・・。

どこかの店舗にはあるのかな?

ごくごく普通のサイズで、縦12×横21センチのノーマルな容器です。

高さは4センチくらいでした。

この普通サイズの容器の中に、うなぎがどーんと入っています。

容器いっぱいの蒲焼き半身というより、少しはみ出していますよね?

さらに、しっぽ部分のおまけ付き。

このおまけの気持ちが嬉しいですよね〜♪

うなぎのタレと山椒もついているので、ご飯にたっぷりタレをしみ込ませて食べられますよ!

これで、税抜799円/税込862円

見た目のコスパ良し!ですね。

※ うなぎの蒲焼きは中国産ですので、気にされる方はご注意ください。

ロピア うな丼を食べて土用の丑の日を先取り!

付属のタレをかけて電子レンジで温めたら、うなぎの蒲焼きがさらにふっくらしました。

目でも美味しいのがうなぎですよね!

箸がすっと入る柔らかさ。

食べると、身の柔らかさに、さらに驚きます!

身がしっかりあるのに、ほろっとする口どけの良さです。

鼻から抜ける香ばしさも、美味しいですよ!

そして、皮も柔らかいです。

タレは、甘さ控えめで醤油が強めですね。

さっぱりしていて、くどさがありません。

タレがたっぷりかかったご飯もどんどん進みます♪

小骨があたることもほとんどないので、とても食べやすいですね。

お弁当のうな丼はたいていご飯が余って、「タレご飯で十分に楽しめるから良しとしよう」ということが多いです。

しかし、ロピアのうな丼はうなぎの蒲焼きが大きいので、うなぎとご飯のバランスがぴったりなんです♪

この満足感は、かなりお買い得ですよ!

ロピアのうな丼は、見た目の満足感あり!さらに食べて満足感あり!さらにさらに、価格に満足感あり!でした♪

  • 味:
  • コスパ:
  • リピート度:

2022年秋、2023年冬の土用の丑の日はいつ?

夏の土用の丑の日に食べることが多いうなぎですが、じつは、うなぎは冬の方が脂がのっていて美味しいといいますよね!

2022年秋と2023年冬の土用の丑の日を調べてみました。

<2022年>

秋の土用の丑の日10月27日(木)

<2023年>

冬の土用の丑の日1月19日(木)・1月31日(火)
一年中、ロピアのうなぎに注目ですね!

ロピア うな丼 値段・内容量

商品名うな丼
価格799円(税別)/862円(税込)
内容量1パック
カロリー
消費期限購入日:2022/07/16 11:22
製造日:2022/07/16
消費期限:2022/07/16
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
スポンサーリンク
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。